前頭部の育毛にはミノタブが良いの?

誰もが悩むことになる前頭部の生え際は、薄毛が進行しやすく、さらに育毛が難しいとされています。
薄毛は基本的に頭頂部か前頭部の生え際に集中し、片方だけが進行することもあれば、両方の薄毛が一緒に広がっていくこともあります。
こうした症状にミノタブは有効的と言われ、現在ではAGA専門のクリニックで処方してもらうことも可能となっています。
ミノタブとはミノキシジルタブレットの略で、ミノキシジルが毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化することで、発毛を促進する効果があることから、育毛にも良いとされ、薄毛に悩む多くの男性が利用しています。
しかし、頭頂部にはしっかりと効果が出やすいのですが、前頭部ではあまり効果が見られないのが薄毛の特徴と言えます。
これは頭頂部では、AGAの原因と言われる男性ホルモンのDHTだけでなく、血流に障害が起こることで毛乳頭細胞が衰えて毛の成長が止まるなど、様々な要因によって起こることが多いのに対し、前頭部ではまず間違いなくDHTが原因だと言われています。
そのため、ミノタブを使用してもDHTを抑えることができず、薄毛が徐々に進行して生え際が後退していくことが多いのです。
また、前頭部は毛細血管が少ないことから、ミノタブが血管を拡張し血流を改善する効果を十分に発揮できないことにも起因しており、効果的な育毛ができないとされます。
DHTが原因となるならば、その原因物質となるDHTを抑える効果のあるフィナステリドの方が、より高い育毛を望めるでしょう。
とはいえ、薄毛の中で前頭部だけが育毛が難しいとされているので、どちらにしても効果が実感できるまでは、かなりの時間が必要とされます。
フィナステリドだけでは不安だという人は、ミノタブを併用してみるのも良いかもしれません。